引っ越し単身格安

引っ越し単身格安業者を求めて

 

引越しをするにあたって引っ越し単身格安業者を検索してみた。

 

結果特に大きく差のあるサービスがあるとは思わなかった。

 

単身者に対しても積載量が少し超えただけて見積もりが大きく変わってしまうのもいががなものかとおもう。

 

引っ越し単身格安とは程遠い。

 

誰だって引っ越しは格安で済ませたいと思っているはずだ。

 

二回目の引越しでは荷物が増え単身者パックで収まらなかったので、料金がかかってしまうのはどうしようもないと了承し、引越し準備を始めることになったが、テレビのような丁寧に箱詰めなどは無くダンボール箱が送られてきて自分で箱詰めを行う。

 

家具やダンボールなどの荷物運びに関しては指示した所へ運んでくれたのは良いが、洗濯機に関してはホースを付けるのと開栓はお客様にお願いしてると言われ、何故と聞くとウチ(業者)が開栓した時に何かあったら修理はこちらでしないといけないのでと言われ、もし部屋の備え付けの物に問題があれば大家に言えばいい事なのにと呆気に取られたこともある。

 

衣類関係はTシャツなどのは普段からたたみ方を決めておき仕事用遊び用に分けて収納しておく。

 

パンツは折りたたんでくるっと丸め用途によって分類しておく。

 

(靴下も同様に)。

 

食器類などは棚に入れる物ごとに分けてダンボールに入れると引越し先で悩まず収納出来る。

 

部屋によるが、部屋を広く見せるコツとして低い棚などを使って視線を下に向ける工夫をすると狭い部屋でも広く見せることができる。

 

また1Kや1DKなどの玄関の先にもう一枚扉があるならば、扉からベッドを見えないように配置しテレビや棚などを入口から見えるようにするとあまり生活感が出ず逆に片付けをしているように見える。

 

あと、洗濯機を置く場所にも気を付けた方が良いと思う。

 

外に置くタイプの部屋では洗濯機が雨風に晒してしまうので電気系統が故障したりする。

 

実際に渡しの使っていた洗濯機は音が出なくなってしまった。